クレジットの不正防止となるチャージバック|備えて安心

メンズ

便利な管理ソフト

名刺を持つ女性

最近は、名刺がたくさんある方も便利な名刺管理ソフトで簡単に管理することができるようになってきています。ソフトやアプリなど、いろいろあるのでまずはいろんな商品を調べてみてからじっくりと比較検討するのがオススメです。

詳細を読む

顧客満足度を向上させよう

PC操作

CRMシステムとは、顧客個人の情報を管理することを指します。導入することによって、企業の収益を増やしつつ、顧客の満足度を向上させる効果が期待できます。企業の規模や業種によって、システムの形は異なりますが、導入を検討してみましょう。

詳細を読む

電話を代行させるメリット

電話する男性

電話代行は、高い人件費をかけて、人材を雇用することが要らず、合理化そして、注文の電話の取りこぼしを取り除いて、売上の向上と信頼性の向上させる効果が期待できますので、多くの企業が、有効に活用しています。

詳細を読む

急な戻し入れにご注意を

3人の男女

戻し入れとは、一般的にチャージバックとも呼ばれます。チャージバックとは、クレジットカード支払いの際に生じるもので、あらゆる商取引に対する取り消し要求のことです。チャージバックが発生するケースは様々ですが、主には5つのケースがあげられます。会員のクレジットカードが第三者によって不正に利用されていた場合、売り手側がいつまでも購入した商品を発送しなかったり、サービスを提供しない場合などです。さらに受け取った商品・サービスが、売り手側の説明と著しく異なる場合や、受け取った商品・サービスに損傷や不具合がある場合、他にも売り手がクレジットカード会社の該当取引に対する調査に応じない場合です。クレジットカードの支払いを受け付けている売り手には、常にチャージバックを受ける可能性が存在します。売り手側は、チャージバックについてしっかりと理解し、備えておく必要があります。

日本では、年間で約3億枚のクレジットカードが発行されていると言われています。成人ひとり辺り約3枚ものクレジットカードを持っている計算です。これからも、老若男女問わず、クレジットカード利用者は増え続けるでしょう。カードホルダーが増えるということは、それだけチャージバックが発生する可能性が高まることになります。そのため、チャージバックに対する対策を予め行なっておく必要があります。現在はチャージバックに対する保険や保証もあるので、それに前もって加入しておくことで、損害が生じたときに保険でカバーしてもらうことが出来ます。他にも、クレジット決済のサービス導入のときに、本人確認の徹底を行なうためのセキュリティコードを取り入れるなどで対応が可能です。