クレジットの不正防止となるチャージバック|備えて安心

女の人

顧客満足度を向上させよう

PC操作

顧客に合わせた対応を

年々社会の状況は目まぐるしく変化しています。そんな社会の変化に合わせて、様々な商売が生まれ、既存の商売も変わってきました。顧客は企業の生活を支える最も重要な要素の一つです。ですから、企業は顧客が満足できるサービスを提供する必要があります。その為には、顧客に関する理解が必要不可欠です。そこで、顧客の情報を理解し、管理するシステムに、CRMというものがあります。CRMとは、『Customer Relationship Management』の頭文字をとったもので、直訳すると『顧客関係管理』となります。このシステムを導入することで、企業は顧客個人の性質を理解し、良好な関係を築くことができます。

顧客関係管理のメリット

CRMシステムというと、巨大なネットワークシステムをイメージされる方も少なくありませんが、必ずしも大規模で行う必要はありません。例えば、手帳やノートを活用し、手書きで顧客情報を記すという形でもCRMは実行可能です。しかし、企業の規模が大きくなり、顧客の数が増大すれば、手書きでの情報管理は困難となります。大勢の顧客データを収集・分析する為には、コンピュータ機器を導入し、デジタルデータ化することが必要です。では、そうして集積した顧客データをどのように活用していくのでしょうか。基本的には、商品データと顧客データを照合し、顧客にとって最適な商品の情報を提供することに利用されます。その情報の提供方法は様々ですが、メールマガジンやダイレクトメールなどが一般的です。CRMによって、企業の収益を増やしつつ、顧客の満足度を向上させる効果が期待できます。